爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

爪噛みの悩み

爪噛みの治し方・克服する方法15

爪噛みは、4〜5歳頃から始まることが多く、一般的には、徐々に噛まなくなり、思春期頃にはすっかり治っていることが多いようです。

しかし、爪噛みが習慣化してしまうこともあり、思春期を過ぎ、大人になっても爪噛みのクセが治らない人も居ます。

できれば子供のうちに改善したいクセです。

また、ストレスや、緊張、不安といった爪噛みの原因を取り除かないまま、厳しく叱ってやめさせることは逆効果になることが多いので注意が必要です。

習慣的に噛むために、爪の変形や極端な深爪状態など、爪の短縮が起こり、時には爪が腐ってしまうこともあります。

爪噛みは、一過性のただのクセの場合もありますが、多くはストレスや不安、愛情不足、厳しすぎるしつけや過干渉などが原因として隠されています。

余りに症状が酷い場合には、専門医に相談することも時に必要となります。

爪噛みを治すには

爪噛みの治し方・克服する方法22

爪噛みを治そうとして、ただ叱るのは逆効果です。

原因を突き止め、それを取り除くことが解消の秘訣といえるでしょう。

爪噛みには、精神的な緊張を和らげたり、ストレスを開放する効果があります。

逆に言うと、爪噛みをしてリラックスしないと開放できないストレスがあるということなのです。

爪噛みは、できれば、子供のうちに治したいクセです。

子供がどんな時に爪噛みをするのか、しっかりと観察し、爪噛みの原因となっている緊張やストレス、不安が何であるのか、突き止め、それを取り除いてあげましょう。

膝に抱っこしたり、頭を撫でたり、抱きしめたり、というスキンシップや、褒めることや、子供の話をきちんと聞いてあげることなども、爪噛みをやめさせるには大切な要因です。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて