爪噛み 原因|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

爪噛みの原因

爪噛みの治し方・克服する方法05

爪噛みの原因の多くは、ストレスであると言われています。

ストレスや緊張、プレッシャー、環境の変化などが原因で爪噛みが始まる事が多いようです。

両親が忙しく、親と話しができなかったり、忙しくしていて会えないことが原因のストレスで爪噛みを始めることもあります。

しかし、親が忙しく、なかなか話しができないことが必ずしも、爪噛みの原因ではなく、爪噛みの原因となるストレスの原因が別にあることも多いようです。

理由がよくわからずに叱られ、どうして良いかわからずストレスになったり、怒る親の顔が怖い、といったことがストレスの原因となることもあります。

爪噛みには、精神的な緊張を和らげる効果があるようです。

逆に言うと、爪噛みをしてリラックスしないと開放できないストレスがあるということです。

原因の緊張やストレスが何であるのか、しっかりと見つけだして、それを取り除いてあげることが大切です。

爪噛みの対処法

爪噛みの治し方・克服する方法06

爪噛みの対処法としては、爪噛みの原因がどこにあるかを見つけ、改善することがまず必要です。

精神的なストレスによって爪噛みは起こることが多いため、まず原因を取り除いてあげることが最優先なのです。

爪噛みをやめさせるには、まず心を満たしてあげること。

原因となるストレスをなくし、自信が持てるようにしてあげることが必要な対処方です。

爪噛みの原因となるストレスは、親が厳しすぎて不安や緊張を感じていたり、親子のふれあいが少なすぎたり愛情不足て心が満たされていない、神経質で自分に自信が持てない、などが多いようです。

原因をつきとめて改善することなく、ただ叱るだけでは、それがさらなるストレスを呼び、爪噛みは治っても別の困ったクセが起こる可能性があります。

子供がリラックスでき、安らかな気持ちで生活できるようにしてあげることが、爪噛みの対処方として大切なことなのです。

爪噛みと指しゃぶり

爪噛みの治し方・克服する方法04

爪噛みと指しゃぶりは、幼い子供が不安や緊張を和らげるためにとる行動といわれています。

環境の変化やストレスがきっかけで始まることが多いようです。

指しゃぶりは子宮の中に居る退治にも観察される普通の行動です。

乳児の指しゃぶりは発達過程でみられる通常の動作でクセではなく、3歳頃には自然に治るようですが、それ以降も続くガンコな指しゃぶりには対策が必要となってきます。

爪噛みは、幼児期に始まり思春期を過ぎても続く場合があり、大人でもみられるクセです。

爪噛みも指しゃぶりも、安心感を得たくてする行動なので、無理にやめさせようとしたり、叱ったりすることで悪化したり、別のクセを誘発することもありますので要注意です。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪の薄さが気になる方へ
爪の美容液

爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて

ネイリストサプリ