爪噛み 幼児|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

幼児の爪噛み

爪噛みの治し方・克服する方法03

爪噛みは幼児期に始まり、思春期以降まで続いてしまうこともありますが、成長とともに自然に治ることも多いようです。

少しくらいの爪噛みの現れであれば、自然に治ることがあるので、気にしすぎないのも一つの方法です。

できれば、幼児のうちに爪噛みのクセを改善したい、という親は多いようです。

しかし、爪噛みの原因が何であるのか突き止めないまま、ただ爪噛みを叱ることは、ストレスを強めるだけで、逆効果になってしまうこともあります。

親が爪噛みに慌て過ぎたり、気に病むことが、子供にとってはストレスとなってしまうこともあります。

爪噛みは、ストレスなどが原因で始まり、安心感を得たくてする行動なので、無理にやめさせようとしたり、叱ったりすることで悪化したり、別のクセを誘発することもありますので要注意です。

まず、幼児の爪噛みの原因が何であるのか、突き止めるところから始めましょう。

幼児の爪噛みと受験

爪噛みの治し方・克服する方法22

受験期の幼児の場合、様々なストレスにより、爪噛みが起こりやすい場合があります。

幼児の受験時には、円形脱毛症や頻尿、チック症状など色々と起こりやすい症状があり、その一つがストレスによる爪噛みです。

受験はストレスがかかるものではありますが、出来る限りストレスになるような事柄を、周囲が取り除いてあげることが大切です。

受験のストレスによる爪噛みは、幼児だけでなく、中学受験や、高校受験などでも起こる可能性があります。

爪に塗る苦いマニキュア「バイターストップ」を、受験などが原因の幼児の爪噛みや指しゃぶりをやめさせるために使用する場合もあるようですが、別のクセを誘発する可能性もありますので、あまりオススメできないようです。

高校受験や大学受験などの際に、本人が意識して爪噛みを治すために苦いマニキュアを使用する場合は、効果が期待できることもあるようです。

乳児の爪噛み

爪噛みの治し方・克服する方法07

爪噛みは乳児の頃に始まることが多く、指しゃぶりと同様に、気持ちを落ち着かせたり、集中しやすくなる作用があります。

乳児の指しゃぶりは発達過程でみられる通常の動作でクセではなく、3歳頃には自然に治ることが多いようです。

爪噛みは、指しゃぶりよりは年長児からみられるクセで、思春期頃には自然に治ることが多いクセですが、大人になっても治らない場合も多くあります。

爪噛みは、手持ちぶさたや、ストレスを感じた時に始まることが多いようです。

爪噛みをやめさせようと乳児の指にカラシをぬったり、手袋をはめるのはオススメではないようです。

爪を短く切り噛みにくくしたり、爪噛みに気付いたら声をかけて爪噛みから意識をそらしたりするのが良いようです。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて