爪噛み 子供|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

子供の爪噛み

爪噛みの治し方・克服する方法05

子供の爪噛みは、指しゃぶりよりは年長児からみられるクセで、習慣的に噛んでしまうため、爪の変形や短縮などが起こります。

指しゃぶりや爪噛みには気持ちを落ち着かせる作用があるため、何かに不満や不安があったり、ストレスや寂しさ手持ちぶさたなどがきっかけで始まることが多いようです。

爪噛みは思春期頃には自然に治ることが多いクセですが、大人になっても治らない場合も多くありますので、できれば子供のうちに改善したいクセです。

爪を短く切って噛みにくくしたり、爪噛みしていることに気付いたら、優しく声を掛けて爪噛みから意識をそらすなどが良いでしょう。

やめさせようと手袋をはめたり、カラシや苦いマニキュアを爪に塗ったりするのではなく、膝に抱っこしたり、愛情表現を示すことの方が効果があるようです。

子供の爪噛みとしつけ

爪噛みの治し方・克服する方法06

子供の爪噛みを、何とかやめさせようと悩む親御さんは多く、厳しくしつけようとすることもあるようです。

しかし、子供の爪噛みに、直接的な言い方は逆効果です。

やめなさい、と叱るのではなく、自分から爪噛みをやめるように、身体に触れたりして噛んでいることに気付かせる、という方法の方が良いでしょう。

また、叱る時は子供に叱る理由をしっかりと理解させることが大切です。

叱る前に、何度でも笑顔で注意してあげたり、叱らずに、爪や指にはばい菌がいっぱい、など、爪噛みの怖さを教えてあげることも有効のようです。

爪噛みには、緊張やストレスを和らげる効果があるため、爪噛みの子供は、過度の緊張やストレスを強いられていることが多いです。

その原因を取り除かず、ただ叱っても、爪噛みよりも、もっと困ったクセが起こってしまいます。

厳しくするだけがしつけではありません。

原因の緊張やストレスが何であるのか、しっかりと見つけだして、それを取り除いてあげることが大切です。

ストレス

爪噛みの治し方・克服する方法10

ストレスや緊張、プレッシャー、環境の変化などが原因で爪噛みが始まる事が多いようです。

爪噛みにはストレスや緊張を和らげる効果があるといいます。

爪噛みのクセがあるということは、子供に必要以上のストレスや緊張を与えている環境があるということになります。

爪噛みをやめなさい、と、叱ると余計にストレスが掛かり、爪噛みはやめても他のもっと困ったクセが始まることもあります。

原因となっているストレスや環境が何であるのかを、まずしっかりと突き止めることが大切です。

爪噛みが気になっても責めたり、ただ叱ったりすることのないように気をつけましょう。

爪噛みは、子供からの何らかの信号であるため、どんな時に爪を噛んでいるのかなど、何にストレスや緊張を感じているのかよく観察してみましょう。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて