爪噛み 大人|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

大人の爪噛み

爪噛みの治し方・克服する方法17

大人になっても爪噛みのクセが抜けない人は多いようです。

一人の時や、考え事をしている時などに、つい出てしまうものの、人前ではクセが出ないため、積極的に治さない人も多いようです。

また、小さい頃の爪噛みのクセが残り、人前では爪噛みしないものの、一人で考え事をしている時などに、爪の横の皮を齧ってしまったりということはあるようです。

大人の爪噛みの場合、爪をどんな時に噛んでいるのかメモなどをすることで、何に緊張しているのが分かり、それだけで解消することもあるようです。

大人の爪噛みの場合、爪を短めに切るようにたり、女性であれば、濃いめにマニキュアを塗ったり、キレイに爪を整え磨いたり、つけ爪やフローターをするのも効果があるようです。

徳川家康と爪噛み

爪噛みの治し方・克服する方法18

徳川家康には爪噛みのクセがあったという説もあります。

普段は爪噛みなどをすることはないものの、苛立ったり、追い詰められたりした時には、爪噛みのクセが出たりしたということのようです。

爪噛みには、緊張を緩和させたり、ストレスを開放する効果があります。

徳川家康のような天下人の場合には、通常の人には想像もできないほどの、ストレスや不安、緊張があったことでしょう。

大人の爪噛みも、爪を噛むことで心を落ち着かせたり、安心感を得ようとしていることが多いようです。

一人で考え事をしていたり、集中すると、爪噛みが出てしまう人もいます。

大人の爪噛みは治りにくいことが多いですが、噛むものを用意したり、爪に苦いマニキュアなどを塗って、爪噛みを意識することで治ることがあるようです。

爪噛みの原因と改善

爪噛みの治し方・克服する方法09

爪噛みの改善には、原因が何であるのか解明することが大切です。

爪噛みは、ストレスを開放したり、緊張感を緩和する効果があるため、単なるクセの爪噛みでない場合には、何か原因があります。

その原因を解消せずに、爪噛みだけやめさせようとすると、別の良くないクセが発動したり、人目に付かない所で、結局は爪を噛んでしまうという行動になります。

爪噛みは、ストレスや不安、緊張感などが原因で始まることが多いのですが、爪切りのあとが滑らかでないのが気になって爪噛みが始まることもあります。

単なる精神的なストレスだけではなく、環境に原因があることもあります。

どんな時に爪噛みをしてるのか子供をよく観察し、原因を知り、原因となる事柄を取り除くことが大切です。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて