爪噛み 子育て|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

子育てと爪噛み

爪噛みの治し方・克服する方法01

子育てでは爪噛みなどのクセに悩まされることも多くあります。

爪噛みは、一般的には、ストレスや緊張、環境の変化などがきっかけで起こることが多いようです。

両親がけんかをしたり、母親が仕事を始めたり、育児ノイローゼ、といった場合にも、子供の爪噛みが始まることがあるようです。

母親の妊娠中に、爪噛みが始まることもあります。

親のしつけが厳しすぎる過干渉、忙しくて構ってもらえず寂しく愛情に飢えている等、爪噛みの原因となるストレスは様々です。

爪噛みのクセを早くやめさせたいからと、厳しく注意したり、叱ったりすると、それがストレスとなり、帰って爪噛みを悪化させてしまいます。

原因を取り除かずに、注意しても、もっと困る別のクセに移行してしまうだけなので要注意です。

まずは、爪噛みの原因となっている、ストレスなどの原因を取り除くことを第一にしましょう。

子育てと爪噛み2

爪噛みの治し方・克服する方法06

子育ての際、爪噛みをやめさせたい一心で、厳しくしつけようとすると、ストレスを増させてしまい、かえって逆効果となってしまうことがあります。

注意したり、叱ったりする前に、まずは爪噛みの原因となっているストレスが何であるのが突き止めることが大切です。

子育て中のママは、とても忙しく、ついつい、ただ叱るだけになってしまいがちです。

しかし、爪噛みをやめさせたいのであれば、叱る前に、まず子供の声に耳を傾けることが大切です。

子供はとても繊細なので、爪噛みの原因となっていることを、親に悟られないように必死に我慢していることもあります。

爪噛みは、何かを親に訴えようとしている何かのサインです。

子供と向き合う時間をつくり、手をつないだり、膝に抱っこしたり、頭を撫でて褒めたり、たくさんスキンシップをとり、子供の話を良く聞きましょう。

一過性のクセ

爪噛みの治し方・克服する方法05

爪噛みは幼児期に多く見られる口腔習癖の一つで、精神的な緊張を和らげる効果があると言われています。

一過性のことも多く、自然に消えて、大人になったら噛まなくなっていることも多くあります。

また、子供の場合、他の子供が爪噛みしているのを見て、ちょっと真似をしている間に、それが自身のクセとなってしまう、ということもあるようです。

ストレスなどとは無縁で、ただのクセの場合には、爪に塗る苦いマニキュア「バイターストップ」などの補助グッズも効果的のようです。

苦いマニキュア「バイターストップ」は、爪噛みだけでなく、指しゃぶりにも効果があるようです。

単なるクセの場合も、直接的な言い方で叱るのではなく、爪噛みの時に声を掛けて、爪から意識をそらしたり、噛んでいることに気付かせ自分からやめるように誘導することが大切です。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて