爪噛み 発達障害|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

爪噛みと発達障害

爪噛みの治し方・克服する方法05

発達障害の場合、ストレスや不安感を自分なりに抑えるため、爪噛みのクセがある場合があるようです。

爪噛みをすることで落ち着くことができ、パニックから逃れる手段のひとつになっているため、無理にやめさせたりせず、見守ってあげることが大切となります。

発達障害は、広汎性発達障害(PDD)、精神遅滞(MR)、学習障害(LD)というように、大きく3つの種類に分類されています。

広汎性発達障害(PDD)は、脳に起因する先天性の障害で、症状や現れる行動は、一人一人千差万別のようです。

適切な指導や、療育を受けるためには、必ず専門の機関を受診し、専門の医師に診断してもらいましょう。

その上で、爪噛みに対する対処方法などを、相談するのが良いでしょう。

爪噛みの怖さを教える

爪噛みの治し方・克服する方法16

爪噛みの怖さを教えることは、話しをして分かる年齢の子供であれば、有効なこともあるようです。

爪噛みを叱ったり、注意したりするのではなく、深爪や、爪についているばい菌の怖さなどを、子供にわかりやすく説明してみましょう。

子供の爪噛みは、無理にやめさせようとすると逆効果になります。

ただ、極端に神経質な子供の場合、爪噛みはやめても、手を常に洗わないと不安になるような症状がでてしまうこともあるので、注意が必要です。

爪噛みによる深爪や、ささくれを噛んだりすることで、感染症で炎症を起こすことは良くあり、放っておくと、爪を切開して洗浄する必要が出てきます。

爪を切開しないまでも、炎症はかなりの激痛ですし、病院で処置を受ける必要がでます。

そういった感染症などのトラブルを避けるためにも、爪噛みは早めに克服したいものです。

爪をキレイに伸ばすには

爪噛みの治し方・克服する方法19

爪噛みを折角やめることができても、なかなかキレイに爪を伸ばすことができずに、また、爪噛みのクセが戻ってしまうこともあります。

深爪状態の爪をキレイに治すには、皮膚科・形成外科、美容皮膚科、ネイルサロンなどで深爪矯正をする方法があります。

自爪がキレイに伸びてくるまでは、自然に見える人工爪をつけてもらえるので、男性でも大丈夫です。

指先に感染症などの炎症がある場合には、皮膚科などの医療機関での治療をまず行います。

早くキレイに爪を伸ばすには、キューティクルオイルやハンドクリームを使用し、甘皮や指先をマッサージすることも有効なようです。

また、マニキュアなどを塗ることで、爪噛みをしなくなることも多いため、爪をキレイに伸ばしたい時には、マニキュアも有効といえます。

栄養の偏りのない、バランスの良い食事も大切です。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて