爪噛み 改善|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

爪噛みを改善するには

爪噛みの治し方・克服する方法16

爪噛みを改善するには、子供の場合、ただ闇雲に叱っても効果はなく、かえって爪噛みを悪化させることになります。

爪噛みには、精神的な緊張やストレスを和らげる効果があります。

逆に言うと、爪噛みをしてリラックスしないと開放できないストレスがあるということなのです。

爪噛みの原因の緊張やストレスが何であるのか、しっかりと見つけだして、それを取り除いてあげることが大切です。

子供がどんな時に爪噛みをしているのか観察してみましょう。

そして、何が緊張やストレスの原因となっているのかを知り、それを取り除いてあげることが、爪噛み改善にはとても大切です。

どんな時に子供が爪噛みをしているのか、じっくり観察してみても、どうしても原因がわからない場合は、市町村の保健センターの育児相談や児童心理カウンセラーに相談してみるのも良いでしょう。

爪噛みの改善方法

爪噛みの治し方・克服する方法12

爪噛みの改善方法としては、原因となるストレスや緊張、不安が何であるか突き止め、それを改善することが大切です。

指にカラシや唐辛子、苦いマニキュアなどを塗ったり、絆創膏を貼ったりする親もいるようですが、原因を突き止めないで爪噛みをやめさせると、別のもっと困ったクセが発動してしまうこともあるので要注意です。

しかし、ストレスなどが関係ない、ただのクセの爪噛みや、大人の爪噛みには、爪に塗る苦いマニキュアなどの補助グッズが役立つことも多いようです。

大人の女性の場合、爪をキレイに磨いて、マニキュアを濃いめに塗ったり、ネイルサロンでキレイに塗ってもらうことで、爪噛みが改善することもあるようです。

大人の爪噛みの場合、どんな時に爪を噛んでいるのか気付いた時にメモすることで、原因を見つけることができ、自然に爪噛みが治ることもあります。

深爪矯正

爪噛みの治し方・克服する方法15

ネイルサロンには、ネイルアートだけでなく、深爪矯正に力を入れ、自爪の強化や、自爪の回復ができるネイルケアのネイルサロンもあります。

爪噛みのクセなどで、深爪状態が進み、指先の皮膚が出てしまっている爪を自力で元に戻すのは非常に困難です。

爪噛みをやめて爪を伸ばしても、白い部分が伸びるだけで、皮膚にくっついてくれません。

しかし、深爪矯正を受けることで、元通りのキレイな自爪を取り戻すことが可能なのです。

自爪が蘇るまでの間の人工爪も、自然に見えるものを作成してくれるため、男性でも抵抗なく、つけ爪をすることが可能です。

人工爪ではなく、爪保護治療の場合もあるようです。

深爪矯正は、ネイルサロンだけでなく、皮膚科・形成外科、美容皮膚科のような皮膚科でも可能ですから、まずは相談してみましょう。

感染症・炎症性疾患のための爪変形の場合には、深爪矯正や爪延長の治療の前に、皮膚科などの医療機関にて、感染や炎症の治療を行う事が必要となります。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて