爪噛み 臨床心理学|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

爪噛みと臨床心理学

爪噛みの治し方・克服する方法15

爪噛みは臨床心理学を扱う、臨床心理士に相談することで、爪噛み克服の一歩となることも多いようです。

子供の爪噛みに関しては、臨床心理士は、子供の心理的な面を重視した方が良いと言うようです。

家庭でできる爪噛み対策などもありますが、あまりにも酷い場合には、早めに、臨床心理士に相談しましょう。

臨床心理士は、日本臨床心理士会で近くの支部を検索したり、インターネット上の近隣の臨床心理士を探せるサイトなどで検索して探すことができます。

近くの臨床心理士を見つけて、専門家に相談してみると良いでしょう。

また、スクールカウンセラーは、ほとんどが臨床心理士の有資格者なので、スクールカウンセラーが居る場合は相談してみると良いでしょう。

小児神経科と皮膚科

爪噛みの治し方・克服する方法28

爪噛みをする子供で、明らかに心因性が疑われる場合は、小児神経科の専門医に任せた方が良いこともあります。

心因性かどうかよく分からない場合で、酷い深爪や、皮膚を噛んで出血している場合、ささくれを噛んだりむしったりして出血している場合などは、まず、近くの皮膚科を訪ね、相談してみるのも良いでしょう。

爪噛みをやめても、深爪状態で爪を伸ばす際に、巻き爪のように皮膚に食い込んで痛いと、また爪噛みが始まることもあるようです。

巻き爪のように爪の端が巻いて伸びてきてしまう場合は、素人や家庭では散りようが難しいので、やはり、皮膚科の専門医に相談するのが良いでしょう。

皮膚科を受診することで、何か原因がわかることもあるようです。

皮膚科とネイルサロン

爪噛みの治し方・克服する方法18

爪噛みで極度の深爪になってしまった場合には、皮膚科の専門医に相談するのが良いでしょう。

皮膚科・形成外科、美容皮膚科などが良いようです。

爪保護治療をすることで、長年の爪噛みで短くなってしまった爪を、長い自爪に戻すことが可能です。

小さい頃からの爪噛みで、すっかり短くなってしまった爪を延長し、つけ爪ではない自爪で、ネイルアートが可能となる治療もあります。

また、ネイルサロンでも、深爪矯正に力を入れている所が多くなっています。

自爪の強化や、自爪の回復ができるネイルケアのネイルサロンもあります。

そうした所では、自爪が蘇るまでの間の人工爪も、自然に見えるものを作成してくれるため、男性でも抵抗なく、つけ爪をすることが可能です。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて