爪噛み 治療|爪噛みの治し方・克服する方法

子供の爪噛みから大人の爪噛みまで、爪噛みの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、爪噛みの克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

爪噛みの治療

爪噛みの治し方・克服する方法28

爪噛みの治療で、爪噛み自体を改善したい場合や、爪噛みの原因が心因性であると思われる場合、子供の場合であれば、小児神経科で相談したり、臨床心理士のカウンセリングを受けるのが良いようです。

大人であれば、心療内科などで相談したり、臨床心理士のカウンセリングを受けるのが良いでしょう。

爪噛みによる、極度の深爪や、皮膚を噛んでの出血、ささくれ、巻き爪などの治療は、皮膚科・形成外科、美容皮膚科などで相談するのが良いでしょう。

深爪の矯正は、皮膚科の他にも、ネイルサロンなどで力を入れている所があります。

指の先の皮膚が見えるほど、爪噛みで深爪になっている場合、爪噛みをやめて爪を伸ばし始めても、自力では、白い部分が伸びるだけで、皮膚に付いた元の状態に戻すのは難しいようです。

深爪矯正のできる専門の、皮膚科・形成外科、美容皮膚科やネイルサロンなどで、まずは相談してみましょう。

心療内科

爪噛みの治し方・克服する方法14

余りに重度の爪噛みの場合、一度、心療内科などを訪ねてみるのも良いでしょう。

爪噛みを治そうと色々試しても効果がなく、爪がボロボロになるまで噛んでしまうのに止められないといった場合、メンタル面に問題がある場合もあります。

元々、爪噛みには、ストレスを発散したり、緊張を緩和させる効果があります。

知らず知らずのうちに、強い緊張やストレスに晒されているかもしれません。

子供の爪噛みの場合で、ストレスや不安などがある場合には、親御さんが、原因を見つけて取り除いてあげることが大切です。

しかし、大人になっても治らない爪噛みは、心のケアが必要なこともあります。

重症化する前に、心療内科を訪ね、相談してみることも選択肢の一つとして良いでしょう。

爪噛みをやめた後

爪噛みの治し方・克服する方法08

爪噛みをしている人は、爪が弱くなっていることが多く、やめた後で、キレイに爪を伸ばすのが困難なことが多いようです。

深爪状態から伸ばすので、指の先まで爪が伸びるのに時間も掛かります。

また、深爪で横長の爪になってしまっていると、なかなかキレイな形にならないようです。

上手にやすりで形を整えて行くのが良いようです。

毎日、写メを撮って、伸びている様子を比べている人もいるようです。

爪が伸びて居るのが分かると嬉しくて、爪噛みに戻らなくて済むようです。

そして、少し爪が伸びてくると、やすりで爪を整えたり、爪を磨いたり、マニキュアを塗るのが楽しくなり、爪噛みできなくなる人が多いようです。

ハンドクリームなどで指先や爪をマッサージしたり、栄養のバランスを良くすることなども、爪噛みをやめた後の爪をキレイに伸ばすコツのようです。


爪噛みの治し方・克服する方法TOPへ


爪噛みの基礎知識

爪噛み克服の方法

爪噛み治療

当サイトについて